猫用フロントラインは何歳から?

猫用フロントラインは何歳から?

猫用フロントラインは何歳から?

猫用のフロントライン、特に犬よりも猫の方が小さいのでいつから使用すればいいか悩む人も多いと思います。
基本的に猫用のフロントラインは子猫の場合、もう歯が生えてるかどうかが重要です。

 

歯が生えてるということはすでに食事も母乳やミルクではないのでフロントラインをしても大丈夫とのことです。

 

もちろん基本的には獣医さんの指示によって決まるのですが、子猫でも使用は可能です。

 

猫が吐いたら?

猫用のフロントラインですが、やはりノミダニの駆除薬ということで刺激も強いので子猫に限らず吐いたり、体調を崩してしまう猫も多いと言われています。

 

フロントラインにはアルコールが入ってる他、密室(小屋など)でこもり呼気として吸い込んでしまう事で体調を崩してしまうこともあるんですね。
もちろんその場合はすぐに獣医さんに診断してもらいましょう。

 

通販に限らず、薬を使用する場合は必ず最初は獣医さんに相談すべきです。
犬のフィラリア薬などの場合犬種によって異なる成分の薬を使用しなければいけない場合もあるので注意が必要です。
特にフロントラインの場合は体重によって専用のタイプがあるので、それぞれを適切な量を獣医さんに最初に確認しておく必要があります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ